リードフレームの神鋼リードミック 神戸製鋼グループ
HOME| 
 
 
リードフレームの神鋼リードミック概要

会社概要

社     名 神鋼リードミック株式会社

リードフレームの神鋼リードミック社屋
代表取締役社長 杉浦淳雄

所  在  地 〒800-0007
福岡県北九州市門司区小森江2丁目2番1号
TEL:093-381-1337(代表)
FAX:093-381-3352
設     立 2002年10月1日
資  本  金 4億5千万円
工 場 規 模 土地/20,000m2 工場建物約15,000m2
従 業 員 数 205名(2017年4月)
出 資 会 社 (株)神戸製鋼所(75%) メテック(株)(25%)

アクセスマップ
[JR小倉駅よりタクシー20分・JR小森江駅より徒歩7分]

主要業務
■半導体リードフレームの製造販売
リードフレーム用材料めっき
端子用貴金属めっき
半導体完成品外装めっき

経営方針
神鋼リードミックは、神戸製鋼所グループの理念に則って、企業倫理綱領を根幹にした事業活動を実践し、関連産業、地域社会に貢献する。
卓越した技術と優れた品質でお客様により大きな満足を提供し、社員一丸となって企業価値を高める。

品質方針

顧客への”安全で高品質”な製品提供を責務とし、法令・規制要求事項を遵守した『ゼロにこだわったモノ作り』をスピード感を持って実行し、QMS体制の強化を図る。

  • 1)品質・サービスの充実による顧客満足度の向上
  • 2)試作及び量産での『工程DR』実施による安定生産工程の確立
  • 3)変化点/異常点の監視・検出・改善に向けた『一歩先行く予兆/予防管理』の強化
  • 4)『良品条件』再整備による最適検査環境の確立
  • 5)インラインQCでの『守れるルール化とエビデンス再整備』によるQMSの継続的改善
  • 6)LMK-GQ活動の推進

この「品質方針」は全ての従業員に周知し、部門・個人の活動計画を具体化し全員参加の活動として展開する。

沿革
1984年   ■(株)神戸製鋼所、メテック(株)(旧社名 メテック北村 北村鍍金)の
 合弁会社としてリードミック(株)を設立
■銀ストライプ、銀スポット、外装半田めっきの生産開始
 
1985年   ■(株)神戸製鋼所門司工場精密加工品室にてリードフレーム生産開始
 
1986年   ■錫めっきの生産開始
 
1987年   ■東南アジア地区へのスタンピング事業進出のため
 KOBE LEADFRAME SINGAPORE PTE. LTD.設立
■銀/錫二色めっき技術の開発
 
1988年   ■外装半田めっきの増産体制確立
 
1989年   ■ディスクリート分野への本格進出に伴うプレス増設
 
1990年   ■銀、ニッケルのプレめっき増産体制確立
 
1991年   ■パワートランジスタ増産体制を強化(プレスライン自動化)
■めっきライン増設
 
1995年   ■SINGAPORE KOBE PTE., LTD.にて、リードフレーム素材鍍金開始
■全自動外装半田めっき装置の設置
 
1996年   ■地球環境改善の一環として塩素系有機溶剤による洗浄ラインを廃止し、
 炭化水素系溶剤による洗浄ライン新設
 
1997年   ■SINGAPORE KOBE PTE., LTD.にて、異形条の生産開始
 
1998年   ■表面技術協会技術賞受賞
 
2000年   ■めっき部門でISO9002認定取得
■鉛フリーめっき(純Sn)生産開始
 
2001年   ■リードフレーム部門でISO9001認定取得
■鉛フリーめっき(Sn-Cu,Sn-Bi)生産開始
 
2002年   ■神鋼リードミック株式会社の設立((株)神戸製鋼所のリードフレーム部と
リードミック(株)の統合)
■シンガポールでのスタンピング部門をSINGAPORE KOBE PTE.,LTD.に集約
 
2003年   ■めっき部門でISO9001認定取得
 
2004年   ■無電解Niめっきの生産開始
 
2005年   ■ISO14001認定取得
■新めっきラインを導入し、自動車用端子・コネクタ分野へ対応
 
2010年   ■アルミリードフレーム製品の特許出願
 
2012年   ■アルミリードフレーム製品の特許取得

リンク
■神戸製鋼所|http://www.kobelco.co.jp/
■アルミ・銅事業部門|http://www.kobelco.co.jp/alcu/
■SKPL|http://www.kobelcoskpl.com/
■メテック(株)|http://www.metek.co.jp/
■北九州市ホームページ|http://www.city.kitakyushu.lg.jp/

 
当サイトではFlashPlayerのプラグインを使用しております。
FlashPlayerの最新版はこちらより無料でダウンロードできます。