リードフレームの神鋼リードミック 神戸製鋼グループ
HOME| 
 
 
リードフレームの環境対策

水の浄化や鉛フリーめっきの開発など、
地球環境を考えた生産技術にも取り組んでいます。
地球環境保全への取り組みも積極的です。たとえば、めっき工程や洗浄に使用する水の浄化や再利用、鉛を一切使用しないめっきの開発など、地球環境にできる限り負荷をかけない生産技術の確立を進めています。地域の、そして地球環境の一員として、神鋼リードミック(株)は環境保全のための努力を休みません。


鉛フリーめっき
IT社会の進展により電子機器などが大量に廃棄されるようになった結果、電子機器のはんだ付けに使用されている鉛が腐食して地下水を汚染する問題が発生しています。鉛の使用を減らすか使用しない技術、あるいはリサイクルする技術が求められているのです。はんだ及びはんだめっきのための鉛を使用しない低融点合金は、10年以上前から開発が進められてきました。神鋼リードミック(株)は、Sn-Bi、Snにより従来の錫-鉛系はんだのすぐれた特性をカバーする鉛フリーめっきをいち早く開発し、実用化。すでに使用しています。増加する電子機器の廃棄物と地球環境の保全を両立するため、神鋼リードミック(株)は全力を尽くしています。
環境方針
<基本理念>
神鋼リードミック株式会社は、地球環境保全が人類共通の重要な課題であることを認識し、地球環境の保全を配慮して活動し且つ法令順守の徹底及び社会との共生・協調を図り、全員参加の「地球にやさしい会社」を目指します。
<基本方針>
1.環境影響評価の結果を考慮し環境目的及び目標を定め、環境マネジメントシステムの継続的改善、向上及び汚染防止に全従業員で取り組みます。

2.生産活動、製品、サービスに係わる環境側面について、環境負荷の低減に寄与した活動を推進します。

1)地球温暖化の防止、天然資源の保護のため、「動力供給及び製造設備を中心とした省エネルギー」を推進します。

2)資源の保護、環境影響の防止のため、「4R(Refuse:購入拒否、Reduce:廃棄物の発生抑制、Reuse:再使用、Recycle:再資源化)」を推進します。

3.要求事項遵守の徹底

環境に関する適用可能な法的要求事項及び神鋼本社方針・要求事項並びに顧客要求事項を遵守します。

4.化学物質の適正管理

1)化学物質の適正な管理を進め「自主削減」に取り組みます。

2)低濃度PCB廃棄物は、自治体処理期限を前提に処理計画の検討を行います。

5.全員参加による取り組みの展開

1)環境教育・学習を通じた全従業員の環境コンプライアンス意識の向上を図ります。

2)環境方針は、環境教育、掲示、個人携帯カード等で全従業員及び当社の為に働く全ての人に周知徹底致します。

3)エコオフィス活動を継続推進し、環境への意識を高めます。

6.環境関連情報の開示および地域社会との共生・協調

1)方針及び環境関連の情報を積極的に開示することに努め、当社を取り巻く社会とのコミュニケーションを図ります。

2)地域活動等を通じて社会との共生・協調を推進致します。

7.製品・技術・サービスでの環境への貢献

1)新製品開発時における環境品質への積極的な提言を行います。

8.人材育成

1)資格保有者の確保を含め、環境管理担当者の育成、現場におけるキーマン育成に努めます。

 
   
   
   
   
 

 
当サイトではFlashPlayerのプラグインを使用しております。
FlashPlayerの最新版はこちらより無料でダウンロードできます。